内科・消化器内科の診療内容

一般的な内科疾患の診療

日本消化器病学会専門医 上野憲司

京田辺市の地域のかかりつけ医として、急な発熱や咳、鼻水、嘔吐などといった症状の風邪・気管支炎といった身近な疾患から、高血圧症、脂質異常症、糖尿病などいわゆる生活習慣病まで幅広く診察します。

食思不振、体重減少、めまい などの症状は重大な疾患が隠れている可能性もありますので、気になる症状があれば、いつでも気軽にご相談下さい。

ガン、逆流性食道炎などの消化器疾患の診療

当院の専門とする分野の一つです。食道、胃、十二指腸、小腸、大腸などの消化管や、肝臓、胆道、膵臓に起きる消化器疾患について専門医が診療いたします。

具体的な疾患としては、食道がん、胃がん、大腸がんなどの悪性腫瘍、ポリープ、胃炎、腸炎、胃・十二指腸潰瘍、逆流性食道炎、腸閉塞、便秘症、過敏性腸炎症候群などがあります。

特に、胃がん・大腸がんといった悪性腫瘍の早期発見には力をいれており、最新の内視鏡検査や超音波装置を使って検査をいたします。

以下のような症状がある方は、できるだけ早めの受診をお勧めします。

  • 胃が痛む、お腹が痛い
  • 胸やけがする
  • 苦い水(胃酸)が上がってることがある
  • げっぷがよく出る
  • 喉のつかえ、違和感(ヒリヒリなど)がある
  • 胃もたれ・膨満感があって、食欲がない
  • 便秘がひどい
  • 下痢がつづく
  • 下血した など

各種検査

  • 血液検査
  • 内視鏡検査(上部消化管・下部消化管)
  • 超音波検査
  • レントゲン
  • 心電図検査

内視鏡検査(上部消化管・下部消化管)

2万件以上の内視鏡検査経験を有する院長(日本消化器病学会専門医)と学会認定技師が、食道・胃・十二指腸の上部消化管をはじめ、小腸・大腸の下部消化管まで、潰瘍やポリープ、ガンなどの異常がないかを検査します。
最新の機器を導入していますので、精度の高い診断が可能です。

不安の強い方は、眠たくなる薬や鎮痛剤を使用して検査を受けていただくことも可能です。

当院では経鼻内視鏡にも対応しております。

上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)

一般的に「胃カメラ」と呼ばれているもので、胃や食道、十二指腸にガン・潰瘍が疑われたときに行なう検査です。当院では、苦しくない最新の経鼻内視鏡も導入しております。

下部消化管内視鏡検査(大腸カメラ)

大腸の内視鏡検査では、肛門から内視鏡を挿入し、大腸(結腸と直腸)と小腸の一部を調べ、ポリープやガン、炎症などの診断をします。